住宅ローンを申し込むと仮審査を受けることになります。仮という文字がついていますが、とても重要な審査なので注意が必要です。

住宅ローンの仮審査の重要性

住宅ローンの金利推移について

金利推移のポイント

住宅ローンの金利はその時代ごとに景気の影響を受けて上下します。

公的な融資で代表的な住宅金融公庫の金利推移では、昭和61年頃にあった円高不況を通過して平成景気へと移行する辺りでの基準金利は4.2%ありました。

その後、バブル景気が到来して5.5%まで上がっています。

バブル経済の崩壊後はゆっくりと下降していき、平成10年で2%にまで落ちたのが底になりました。

一方で都市銀行の住宅ローンの金利推移は住宅金融公庫の金利推移に比べるとその動きに若干の激しさが見えます。

昭和では住宅金融公庫の金利よりも1%ほど高い水準でした。

 

平成以降の住宅ローン金利の推移


平成になると乖離が大きくなり始めます。

平成2年では住宅金融公庫の金利が5.4%ほどだったのに比べて、都市銀行の金利では最高で8.5%というような高水準にまで上がりました。

バブル経済崩壊後しばらく経った平成5年には、都市銀行の金利もやっと住宅金融公庫の金利の水準まで下がりました。

それから2%台が続く長期的な低金利の時代が平成7年から始まります。

そこから現在まで低金利が続いています。

現在のような低金利が当たり前になっているのです。

このような低金利の時代がまだまだ続いていくのかどうかは、これからの景気動向と財政状況などに左右されるでしょう。

住宅ローンは経済における発展過程が過ぎて成熟期へと入っていった日本が、バブルの頃のような金利水準に急に行くことは可能性が低いです。

しかし、これ以上に住宅ローンが下がっていくことも可能性が低いのです。

将来的には上昇していくことが見込まれます。

景気が一気に良くなるというよりは徐々に良くなっていくと考えると、金利が上昇するとしても大きく上昇するというよりは徐々に上昇していくという風に予想できます。